ネガティブな感情

こんにちは。

今日はネガティブな感情について考えてみたいと思います。
日常の中で、人間関係で悩む人が多いのですが、なぜ悩んだり
対立したりしてしまうのでしょうか?

それは、当たり前ですが、人間には感情があるからです。
好きな人、嫌いな人を分けて考えていると、相手の嫌な部分ばかりに目が
いってしまい、ますます嫌いになってしまうという事にもなります。
あの人の事が嫌い、という気持ちはネガティブな感情です。

『そんなこと言われても、嫌いなものは嫌い。好きはなれない。」
という人も多いと思います。
じゃあどうしたら、ポジティブに考えられるでしょうか?
その気持ちを、少し違うふうにとらえてみると、気持ちが変わってくるのではないかと
思います。

考え方を変えてみる

嫌い→考え方が違う
大嫌い→私の好みとは違う

という風に、思うと自分の感情に振り回されずにすみます。

この考えは、他のことにも役立ちます。
例えば、こうなりたいという自分を想像する時、なりたくない自分は考えない。
あえて、現在形を使い、今を大切にする方法です。
「私は、こうなりたい。」よりも「私は、こうなる。」と思ってみるとか。
「これが好き。」でなく「私はこれが得意だ。」と考えてみる。

毎朝、目標やプログラムを作ってみる

朝は、一日の始まりです。
「今日もいい天気。良い1日にしよう。」
「協力を惜しまない生活をしていたから、人からも協力が得られる。」
「新しい事も、やってみればちゃんとこなせる。」
など、ポジティブに考えるという事は、楽観的という事なので
トラブルがあっても、落ち着いた対応ができるのではないかと思います。

失敗しても、「失敗や問題は成長のためのステップだ。」
などと思えれば、毎日楽しく、幸せな気持ちで生活ができます。
不思議と、楽しい気持ちで暮らしていると、幸運が
集まってくるといいます。

とはいえ、「新しい事を始めなきゃ。」「ポジティブに考えなきゃ。」と
自分のお尻をたたいたり、無理に自分の気持ちをふるい立たせようとするなら
それは、逆効果なので逆に、自分を大切にする時期かもしれません。

休み休み、失敗してもいい、と言いながら自分を大切にしましょう。
無理して、能力以上の事をするより、身の丈に合った事をする方が
近道の場合が多い、という時もあります。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する