内気は変われる?

突然ですが、内気とか引っ込み思案って

変えられるのだろうか?とふと思いました。

最近出会った本「ザ・ワーク バイロン・ケイティ(著)2011年4月」


【送料無料】 ザ・ワーク 人生を変える4つの質問 / バイロン・ケイティ 【本】

この本の著者本人が、ひどいうつ病で長年苦しんだというのですが、ある日

思い込みについて気づきがあり、そこから回復していったというのです。

今ある現実や自分と向き合う事の大切さを知ったという事かな。

性格って、生まれもったもの、育ってきた環境などで

作られていくものだとは思うのですが、やはり変えるのは難しいのかな?と

思っていた矢先にこの本を知りました。

環境ってけっこう重要で、毎日とか何年、十何年と親や兄弟等と過ごす子供時代は

家族の言葉や行動が、自分に与える影響は大きいものですよね。

それが、良い影響をもたらすものならいいけど

悪い影響を受けるような環境だと、それを当たり前だと思ってしまう。

良い影響を受けて育った人は、不安やおそれ、罪悪感などが

比較的少ないと言われます。

逆に、悪い影響を受けて育つと、人への信頼感や安心感をあまり感じられなくなります。

でも、こういう本を読むと、環境は影響力が大きいけど

自分自身と向き合って自分の中から

答えを見つける事で、変われるのではないかと思いました。

では、内気な人が悪い影響を受けた場合にどうすればよいか。

今の状態で、どうもうまくいかないという場合、ありのままでは

良い事がないと思っている場合は、少し自分を変えた方が良い時もありますよね。

そこで、もともと不安や恐れが強いなら、とりあえず

不安や恐れに慣れるのも良いですが、自分を信じられるような行動を積み重ねるのはどうかなと。

自分を信じられるようになると、人の事も信じられるようになっていき

結果、不安や恐れは減る事になるのかな、と思うのです。

自分を信じるためには、罪悪感を手放さなくてはいけないですね。

時間はかかるかもしれないけど。

それと、「今を生きる」ようにしてみてはどうかなと。

「昨日はこんな失敗をしてしまった。」

「明日は○○だから、だいじょうぶかな?」

「あの人は、あんなこと言っていたけど・・・」など

過去や先の事をあまり考えず、今を生きることに集中してみると

大事なことや自分のすべきことも、だんだん見えてくるのではないかなと思います。

今、自分のすべきことに集中できれば、うまく行く事も増え、まわりからの評価も上がって

サポートしてくれる人も出てくるかもしれません。

そうやって、人とのかかわりが多くなっていくと、積極性が出て内気をカバーできるくらい

自信がついてくるという事も、十分あり得ます。

自分次第で、人って変われるものなんですよね。

人間は持っている能力を普段、あまり使っていないというのは

有名な話です。

だからと言って、無理に変わろうとしない方がいいですよ。

変わるのには、人それぞれのタイミングがあるので

ちょうどよいタイミングの時に、行動するなり、考えるなりすれば

よいのかなと思ったりします。

内気は一つの個性として、自分の一部として

考えると良いのではないかなと思います。






スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する