HSPと愛情


人は、それぞれ性格があり、1人1人違う個性を持っています。
何事も気にしない人もいれば、細かい事を気にする人もいる。
100人いれば100とおりの考え方があります。

HSPの人は、とても心配性な所があり、親の愛情をたくさん必要とします。
特に、親とのコミュニケーションが少ない家庭などで育てば
愛情を得ることは難しく、とてつもなく、つらい子ども時代を過ごす事になってしまうでしょう。
だから、少しでも冷たくされるととても悲しくなってしまうのです。


HSPの感受性

小さい子どもは、まわりの事などあまり気にせず、自由奔放にふるまいますが
HSPの子どもは、敏感な性格ゆえにいろいろな事に気づくため、相手を思いやり
気を使ってしまうのです。

親に甘えるかわりに、親を助けようとしてしまうという所があるのですね。
その、まわりに気を使うという事は、集中力ややる気が失われる原因となる事もあります。

発達障害にも似た所がありますが、好きな事には集中できるのに
興味がない事には無関心。

HSPはすぐに理解してしまうので、むしろ興味・関心をどこへ向けるかが大切なのではないかと思います。
人と比べて、ちょっとぼーっとしているように見えても、理解力や能力の問題ではない場合が
あるのです。

子どもでも、大人でも、記憶力があればいいわけでもないし、ただ成績が良ければいいという
訳ではないのですが、まわりは心配をしてしまうのですね。

HSPは、型にはまったものや、試験などは苦手な場合が多いように思われます。
そのかわりと言ってはなんですが、好きな事や、楽しい事を覚えるのはとても早いのです。
これは、HSPに限らず、だれしも好きなことを覚えるのは早いと思いますが。

発達障害の人も、HSPも人一倍、素直で優しい一面を持っているのではないかと思います。
育児本と違うから、他の子供ができる事ができない、などの理由で
愛情をかける事を忘れてしまえば、余計に不安になるのが
HSPです。

問題ではない事が、問題になってしまわないように、愛情の意味を
考える事も、大切なのではないかと思います。


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する