依存について

こんにちは。

今日は依存について、考えてみたいと思います。

依存とは、自分以外の人や、他のものに頼ることを言います。
誰かに(物に)頼って生きようとしてしまうのが
特徴です。
「いぞん」という場合と、「いそん」という場合があります。

依存症とは、アルコールや薬物、ギャンブル、人間関係、買い物などが
やめられなくなってしまうものです。

もう1つ、共依存というものがあります。
人の世話をやき、相手のためにと、いろいろな事をしてあげようとします。
あまりにも世話をやきすぎ、相手の取るべき責任も、取り上げてしまう
ような場合です。

依存症の人のそばには、共依存の人がぴったりとくっついていることが多いのは
お互いの性質が、悪い意味で引き合うからだと思われます。

なぜ、依存症になってしまうのか。
何かにのめり込むことで、生きづらさや苦しさから逃れるため
という事が多いのです。

生まれ育った環境の問題が、1つの原因である場合があります。
子どもの頃、充分に愛情を与えられなかった場合や、ケンカの絶えない家庭だった人
安心した環境を得られなかった場合などは、依存しやすくなることがあります。

自分が愛されていないという気持ちや、見捨てられ不安などが蓄積されて、物事を
否定的にとらえる傾向が出てきてしまうのです。

それは、不安や怒り、自尊心の喪失などにつながり、自己喪失感が
ふくらんでしまうため、依存症になりやすいのです。

女性が社会で活躍するようになったとはいえ、女性が仕事を続けるには
たくさんのハードルがあります。
仕事をする中で、否定的な扱いを受け続けると、人は自尊心や
自己肯定感を失いやすくなってしまいます。
そうすると、ますます依存心が強くなってしまうことが多くなります。

自分を否定すると、気持ちが満たされず、その不満足な気持ちを
埋めるために、何かに依存し、満たそうとするのが依存症です。

では、どうすれば依存から回復へすすむことができるのでしょうか?
依存している間は、気持ちがアルコールや薬物、買い物などの対象に
とりつかれているために、自分を失くしている状態と言えます。

という事は、自分の心を取り戻す作業が必要です。
それには、自分の子ども時代の気持ちを、一度整理する作業が
必要になってきます。

悲しみや怒り、寂しさをしっかりと認めて、それを洗い流すのが
自分を取り戻すためには必要です。
これは、時にとても辛い作業でもあるため、急いでする必要はありません。
自分の心が軽くなるまで、焦らずしていけばだんだんと気持ちが楽になってくる
はずです。

自分は子どもの頃、どんなものを失ってしまったのか、どんな気持ちを抱えて生きてきたのか
などを、時間をかけて整理していくのです。

日頃、人のせいにしがちな人や、何か、思い通りにならないと人を責めてしまいがちな人も
依存心が強い傾向があるかもしれません。

でも、依存は悪い事ばかりではありません。
適度な依存心が、相互にあるのはむしろ健康的で、助け合うのには
大切なものだと言えます。

相手を思いやる心を持ちながら、自分の気持ちも大切にできるのが
健康的な関係をいえるのではないでしょうか。



スポンサーサイト

感覚の問題

世の中には、直観の優れている人とあまりそうではない人がいます。
もちろん、その中間あたりにいる人も、いると思います。

直観力がすぐれている人は、感覚が鋭い人が多いのではないかと思います。
でも、その直観力を正しい方へ使う事ができない場合があるようです。

例えば、親の愛情不足などで、親に愛されたいという思いが強い人は
その思いを親へ直接向ける事は、あまりありません。
その激しい怒りのエネルギーは、若い時には特に、自分で抱えきれない事があり
どこかへぶつけようとしてしまう事があるのですね。

例えば、親以外の夫や妻、仕事関係の同僚、部下、友達、知り合いなどの身近な人へ
向けられることが多くあります。
相手を、意図的に傷つけようとする場合などです。

恋愛関係などでよくあるのが、女性が不機嫌になったり、ずっと黙っていたりした時
男性が心配になって「どうしたの?」と聞くのですが「別に、何でもない。」
と答えたりするケースです。

本当は、何か言いたいことがあるのでしょうが、それをうまく言えない場合に
そういった返事になるのです。
もしかしたら、心の中にはとても言いたいことがあって、それを言葉で言う
準備ができていない場合もあると思います。
不機嫌になるタイプの人は、直観力や感覚の鋭い人が多いようです。

もしくは、人のあら探しをして、チクチク嫌味を言ってみたり、いつも遅刻したりして
自分が不利な立場になるようなことをする場合もあります。
これは、あまり健康的な方法とは言えません。

特に若い時は、自分の事が分かっていない事が多く、マイナスの事をしてしまいがちです。

親への怒りや悲しみなどは、得られなかったものとして受け入れる事も大切です。
もちろん、無理に受け入れる必要はありません。
自分のペースで、ゆっくりと癒していけばよいのです。

直観力の優れた人や、感覚の鋭い人は、自分の感情面を見つめる作業が
必要ではないかと思います。
親からの愛情不足から、自信を持てなかったり、コミュニケーションがうまくいかなくても
それは、ある程度の努力で改善できることもあるのです。

人との出会いや、ふれあいなどによって、人は、何歳であろうと
やり直しはきくと思うのです。

あまり健康的でない方法よりも、自信が持てるような方法を取った方が
良いのですね。

健康的な方法というと、例えば、理想よりも現実を見る事が良いと思います。
不安や恐怖などは、自分が作り出した想像であることも多いので
まずは、好きなことを探して、がんばってみるとか、旅に出るとか
ボランティアをするとか、今までと違った場所に身を置くのも
良い方法だと思います。

それと、自分の直感を信じる事も、大切な事だと思います。
その時々で、感じた気持ちを言葉にしてみたり
文章にしてみるのも良いと思います。

毎日、楽しく、幸せに生活できる事への感謝の気持ちを
誰かに伝えるのも、たまには良い事ではないかと思います。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

直観力 [ メンタリストDaiGo ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/19時点)






気持ちの切りかえ

世の中には、気持ちの切り替えがうまい人と苦手な人がいます。
いろいろな事に敏感に反応する人は、気持ちをうまく切り替える事が
苦手な人が多いようです。

例えば、会社で意見の食い違いがある場合やいじめ、嫌がらせを受けた場合
または、人からとても傷つく言葉を聞いた時などに、心が回復するのに
時間がかかってしまう人がいるのです。

昨日言われたことを、次の日も考える(根に持つ)人はとても子供っぽく見られ
いつでも冷静沈着な態度の人は、大人だと思われがちです。
でも、次の日まで引きずるのは、幼稚だからとは一概には言えません。

それは、いろいろな事を考えてしまう繊細な性格の持ち主だから
たくさんの事を次から次へと考えてしまうという事かもしれません。
短時間に、たくさんの事を考えられるという事は、1つの能力とも
言えます。
根に持っているのではなく、一生懸命考えているとみる事も出来ます。

気持ちの切り替えが早い人が、繊細ではないという意味ではありません。
敏感な、繊細な人に限って言えば、そうだという意味です。

あまり深く考えず、怒ったり言いたいことを言って、すぐ忘れてしまう人などは
いつまでも、嫌な気持ちを引きずらない人が多いようです。
それはそれで、問題解決などの場面ではとても良いと思います。

仕事の場面においては、過去の事や嫌なことをいつまでも引きずらない方が
よしとされます。
「過去を引きずるのは、お前が悪い。」などと、責める人もいるのではないかと思います。

今の時代は、考え方やニーズが多様化していてとても複雑な問題が累積しています。
そんな中で、陰湿ないじめやモラハラ、パワハラ、セクハラが起きているといわれる
世の中です。
多くの問題が、気持ちの切り替えが苦手な人の責任だとは、一概には言えないのではないでしょうか。

もし、自分が気持ちの切り替えが苦手だなと思ったら、とりあえず恥の意識は
横に置いておいて、自分の気持ちを見つめてみるのも大切なのかなと思います。

自分がこだわっている事が、実はあまり意味のない事だと気づくかもしれません。
または、もっと他に考えるべきことを見逃していないか考えるのも
良いのではないかと思います。



HSPと愛情


人は、それぞれ性格があり、1人1人違う個性を持っています。
何事も気にしない人もいれば、細かい事を気にする人もいる。
100人いれば100とおりの考え方があります。

HSPの人は、とても心配性な所があり、親の愛情をたくさん必要とします。
特に、親とのコミュニケーションが少ない家庭などで育てば
愛情を得ることは難しく、とてつもなく、つらい子ども時代を過ごす事になってしまうでしょう。
だから、少しでも冷たくされるととても悲しくなってしまうのです。


HSPの感受性

小さい子どもは、まわりの事などあまり気にせず、自由奔放にふるまいますが
HSPの子どもは、敏感な性格ゆえにいろいろな事に気づくため、相手を思いやり
気を使ってしまうのです。

親に甘えるかわりに、親を助けようとしてしまうという所があるのですね。
その、まわりに気を使うという事は、集中力ややる気が失われる原因となる事もあります。

発達障害にも似た所がありますが、好きな事には集中できるのに
興味がない事には無関心。

HSPはすぐに理解してしまうので、むしろ興味・関心をどこへ向けるかが大切なのではないかと思います。
人と比べて、ちょっとぼーっとしているように見えても、理解力や能力の問題ではない場合が
あるのです。

子どもでも、大人でも、記憶力があればいいわけでもないし、ただ成績が良ければいいという
訳ではないのですが、まわりは心配をしてしまうのですね。

HSPは、型にはまったものや、試験などは苦手な場合が多いように思われます。
そのかわりと言ってはなんですが、好きな事や、楽しい事を覚えるのはとても早いのです。
これは、HSPに限らず、だれしも好きなことを覚えるのは早いと思いますが。

発達障害の人も、HSPも人一倍、素直で優しい一面を持っているのではないかと思います。
育児本と違うから、他の子供ができる事ができない、などの理由で
愛情をかける事を忘れてしまえば、余計に不安になるのが
HSPです。

問題ではない事が、問題になってしまわないように、愛情の意味を
考える事も、大切なのではないかと思います。


やさしさ

何か頼まれると、断れない人や罪悪感を感じてしまう人は
おそらく、HSPの人が多いのではないかと思います。


HSPの感受性

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫) [ エレーン・N.アーロン ]

優しい人というのは、自分の気持ちよりも、相手の気持ちを考えて「いいよ。」と
言ってしまいがちです。

限界を超えてがんばろうとすると、どうしても
大変な思いを抱えてしまいます。

相手にとっては、何でも聞いてくれていい人と思われるのですが
その「いい人。」という所が、がんばりすぎる原因の一つです。

何でもしてくれるからと言って、相手から好かれているというわけでも
尊敬されるわけでもないので、本当に良い人間関係ができるとは限りません。
そして、つらくなって初めて、「自分に素直に生きよう。」と思うわけです。

でも、いざ自分の本心を言おうとすると、慣れていないために
攻撃的な言い方になったり、感情が吹き出してしまって、うまくいかない事が多いのです。
本心をいうのが、怖くなってしまっているのかもしれません。

長年「いいよ。」と言って生きてきた人にとっては、気持ちを表現するのは
とても大変な事なのですね。
でも、いつも自分の気持ちを抑えてばかりだと、自分が嫌いになったり
人が嫌いになったりしてしまいます。

頼まれると、嫌と言えない人は、感じが良く、にこやかに接してくれるため
嫌われる事は少ないかもしれませんが、親密な人間関係は育ちにくいのです。
人の要求に対して断れない人は、たいてい「見捨てられ不安」を持っています。

嫌われたくない、好かれたい、と思う人の周りには、自分勝手でわがままな人が
集まってしまいがちです。
例えば、親が利己的なタイプだと、同じような人を好きになってしまう事が多く
親と似たタイプと付き合う確率が高くなります。

もし、自分がいつも我慢したり、自分を抑えがちだと気づいたら
今からでも遅くはありません。
小さなことから自分で決めるように心がけ、それを貫く事を
始めてください。

本心を言う習慣を、少しずつ練習してみてください。
もし、本心を言って怒るような相手はしょせん、付き合いが
長く続かないかもしれません。

嫌われたくないという気持ちは分かりますが
もし、何か頼まれて「それは、できない。」と言っても
あなたは悪い人ではありません。

その時の状況にもよりますが、事情を話せばわかってくれる人が
多い事が分かるでしょう。

例えば、暴力的(言葉の暴力や態度も含めて)な態度をしてくる人が
そばにいる場合、あなたの生きる力が、減ってしまうのです。

親や兄弟・姉妹との人間関係は、変えられない事が多いですが
これから先の人間関係は変えられるチャンスがあります。

毎日の生活で、感動したり、もっと楽しんだりすることが大切です。
そうして、1日1日を大切にしてしているうち、我慢せず、素直に自分を出せる相手が
見つかることだってあるかもしれません。

今の時代は、単身者や1人暮らしが多いといわれていますが
共感し合えるような友達やパートナーがいれば人生が
より、楽しいのではないでしょうか。