完璧主義

完璧主義について、考えてみたいと思います。

完璧主義とは、簡単に言うと、常に高い目標を持ち、物事を進める時は自分にも他人にも
厳しい目を向ける人の事です。

まわりから見ると、自分本位に見える事もありますが、実は自分の気持ちよりも
他人の気持ちや事実を優先しているのです。

つまり、自分の欲求は抑圧された状態ということですね。

どうしてこうなるのかは、人により違うとは思いますが、多くは
子ども時代の環境が、原因という事もあります。

例えば、親が命令口調だとか、威圧的な場合、逆に不安定な家庭だった場合などに
何とか、家庭の安定を維持しようとする、努力の結果ともいえます。

「こうしなさい。」と言われた場合、怒られないように一生懸命頑張っているうちに
完璧主義が身についてしまった、という場合もあると思います。

完璧主義の人は、強く、頑固そうに見えるので
「とても努力家で、責任感が強い人。」「頼りになる人。」
などと言われますが、実は自分の中にある心配や
「〇〇しなければいけない。」「認められなくては。」
という気持ちが強いのです。

家庭の中ではそれでよくても、仕事となるとまた別です。
がんばって完璧にしようと、努力していても今までのやり方が
通用しないという事に気づき、どうしてよいのか
分からなくなる人も多いものです。

がんばる事が、人の為でもあり、自分の保身の為でもあるので
そう簡単には変えられないという事になります。

完璧主義の人が気をつける事

・優先順位を決める
・完璧でなくてもいい、と自分に言う
・失敗しても、自分を責め過ぎない
・失敗に目を向けず、現実に目を向ける
・家庭のルールを見直す

まだ体も小さく、甘えたい子ども時代に、大人の役割をしなければいけない人は
とても大変です。
家庭の事をすべて引き受けようと、がんばってしまうので矢面に立たされることが
多いのですね。

親の心の歪みがあっても、それを引き継ぐかどうかは、自分次第だとも言えます。
完璧主義の人は、とてもまじめで、ある意味がんこです。
人の意見を受け入れるのも、苦手な人が多いのです。

時には、支持をしてくれない人もいるでしょうが、全く拒否するというのも
考えものです。
自分の気持ちに気づくためには、率直な意見を受け入れることも、時には
大切な場合があります。

いつも完璧でいる必要はなく、またまわりの人すべてが、それを求めてはいません。
リラックスして過ごす時間も大切にしていきましょう。






にほんブログ村
スポンサーサイト

モラルハラスメント

最近は、パソコンやスマホを持っている人が増え、ブログや
サイトを運営する人も増えてきました。

ネット炎上が起こるなど、感情的になり、トラブルになる場合も、時々あります。
ネットや生活の中で、ストーカーや嫌がらせなどのトラブルを防ぐにはどうしたら
よいでしょうか?

モラルハラスメントとは

言葉や態度などにより、相手に目に見えない心の傷を与える事を、モラルハラスメント
と言います。
職場や家庭、その他の人間関係において、人を攻撃し相手を精神的に壊す事を
目的に行われるもの。
モラルハラスメントを受けた事で、精神疾患になる人もいるという。

モラルハラスメントという言葉が人の目に触れるきっかけになったのは1999年に出版された
モラル・ハラスメント 人を傷つけずにはいられない」 1999年 マリー・フランス・イゴイエンヌ(著) 高野優(訳) 紀伊国屋書店
という本が世間に認知された事でした。


モラル・ハラスメント 人を傷つけずにはいられない [ マリー・フランス・イルゴイエンヌ ]

モラルハラスメント(以下モラハラ)をする人(加害者)と受ける人(被害者)の関係があり
嫌がらせ等が次第にエスカレートして、コントロールをされるような関係性です。
まわりに迷惑行為をおこなう事も(一部)含まれます。

被害者を、孤立させることを大きな目標にしていると言われ
(孤立させる意味は、より、攻撃がしやすい状況を作るためだとも言われています)
生活の中に入り込む、執拗な、限度を超える嫌がらせが、モラハラというものです。
(痴漢行為、つきまとい行為、暴力行為、のぞき行為等は、他の犯罪に含まれることもあります)
最近は、レーザーポインター等の機器を使い、体に損傷を与えようとする
悪質で、巧妙な犯罪も、増えてきていると言います。
体への重篤な被害がでるため、危険物は人へ向けないようにするとともに
子どもにも、指導が必要です。

被害を訴える場合の一例

①不法行為を見た時(受けた時)はすぐに警察やその他、第三者に相談しても
 ショックの方が大きく、感情的になっている事が多いので、まず落ち着く事が必要
②いやがらせの内容をストレートに伝えても、相手には伝わらない事が多い
③正直に言った事で、逆に加害者扱いになってしまうことがある

ここまで、気持ちの面だけをみた場合

・嫌がらせを受けた事
・相談しても理解・援助が受けられない事
・悪者になってしまう事

被害者は、上記の事だけで、少なくとも3回は、いやな思いをしている事になります。

加害者は、被害者(家族)にしか、分からないようにまわりや関係者を巻き込んでいくため
被害者が助けを求めたり、相談をしても精神的な病気ではないか?と思われたり
「精神的な病気だ。」と思わせる状況に追い込むといいます。

モラハラは、まわりから見れば、ただの日常なのですが、被害者にとっては
とても恐怖心を感じ、毎日の生活を邪魔されるような日常だという事です。

特に、まじめな人は相手の事を考えて、思いやりから自分が我慢しすぎる傾向にあります。
心が傷つき、トラウマになると、その嫌な記憶を、何年もしてから突然思い出す
という事もあります(PTSD)

「自分にも原因があるかもしれない。」と悩み、騒音などを出さないように気をつけたり
生活するうえで、かなり気を使って生活をする人がいます。
しかし、それでもモラハラがなくならない場合、被害者の責任ではないという
理解もできるのではないでしょうか。

逆恨みやひやかし、いじめのために、モラハラをするような人も
中にはいると言われます。


迷惑防止条例

公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為を防止し、もって住民生活の平穏を保持する事を目的とする
日本の条例の総称である。

嫌がらせとは

・特定、不特定多数を問わず、相手に対し意図的に不快にさせる事や実質的に
 損害を与えるなど強く嫌がられる、道徳(モラル)のない行為の一般的総称。
 英語では、harassmentに相当し、日本でも嫌がられる行為をする事(または、なにがしかの行為に不快感を示すこと)

軽犯罪法

・人声、楽器、ラジオなどの音を以上に大きく出して静穏を害し近隣に迷惑をかけたもの

・正当な理由が無くて、人の住居、浴場、更衣場、その他人が通常衣服をつけないでいる
 ような場所をひそかに覗き見た場合

・街路または公園その他公衆の集合する場所で、たんつばを吐き、または大小便をし、若しくはそれをさせたもの

・他人の進路に立ちふさがって、もしくはその身辺に群がって立ち退こうとせず、または不安
 若しくは迷惑を覚えさせるような仕方で、付きまとったもの

・他人の身体に対して害を加えることを共謀した者の誰かがその共謀に係る行為の予備行為をした場合における共謀者

・他人の業務に対して悪戯などでこれを妨害した者

引用:ウィキペディア 迷惑防止条例 

引用:ウィキペディア 軽犯罪法 


以上は、2017年9月現在の内容です。
法律は改正する場合等、変更する事がありますので、詳しくは法律専門・自治体等に確認の上、対処をお願いします。

ハラスメントの種類

セクシャルハラスメント(職場・日常等)パワーハラスメント(職場等)、モラルハラスメント(職場・日常等)
マタニティハラスメント(職場等)などがあり
虐待(特に心理的)、いじめ、差別などの嫌がらせ行為の事をさします。

その中でも、モラハラは被害者の弱みやスキをねらい、攻撃するのが特徴だと言われています。
孤立させることで、被害者の気力を奪い、働く意欲・生きる意欲をなくそうとするモラハラもあると言われます。

不必要に、被害者の行動を妨害したり、感情を逆なでして激怒させ、それを責める口実にする
という、巧妙なやり方も、最近では多く表出していると言います。

モラハラ対策

・ブログで自分の身の回りの個人的な情報をのせない
・1人で解決しようとしない
・命の危険を感じたら、すぐ警察などに相談する
・おとなしい人、いつも1人で行動する人は、ねらわれやすいため、なるべく誰かと一緒に行動する
・主婦や何らかの障害を抱えている人は、支援が得られにくいため、特に注意する。
・モラハラを受けた時の時間や場所など、証拠を取っておく
(嫌な思いをしている事、モラハラで不安や恐怖を感じて生活している事等のメモなど)

特にネット上に、個人の情報を出すと自分の自宅などを特定され、危険な目に遭う事もあります。
ネットでも、掲示板で中傷されたり、つきまとわれる事にもつながります。
(ネットのつきまといは、監視に値する時など、内容により、ストーカー規制法や名誉棄損等にあたる場合があります。
また、人の物に勝手に触る・郵便物を勝手に開ける・家に侵入するなどは、場合により、器物損壊罪や
プライバシー侵害・住居侵入罪等に該当する場合があります)
被害者の悪い噂を近所に流す等の行為は、場合により名誉棄損、侮辱罪に相当する
ことがあります。

まとめ

モラハラをする加害者は、自己愛性人格障害であると、言われる事がありますが
その判断は、人によるようです。

ただ、被害者の存在を必要とし、ある意味被害者への依存があるという点は
何らかの心の問題があると言えるでしょう。

つまり、モラハラを受ける被害者が苦しむと同時に、加害者もモラハラ行動から
離れられないという苦しみを抱えていると言えるのではないでしょうか?

人間関係の問題というのはどこにでもあるものです。

問題に直面した時は、自分の行動を確認しながら、改善できることはしていく
という自分なりの努力をするのも、大切なのではないかと思います。

しかし、長期的にモラハラが続く場合は、心や体への負担が増すという事ですから
体調を崩したり、病気になってしまう事もあります。

睡眠を妨害されたり、体の弱い人を驚かし(脅かし)て心理的・肉体的に
疲労を蓄積させる、というモラハラも多くなっています。

人間は完璧ではありませんから、時には間違いもしてしまうものですが
自分がしてほしくない事は、人にもしないように気をつける事が
人間関係を良好に保つためには、大事なのだと、思います。

モラハラなどの相談窓口


婦人相談所
・都道府県に、最低一つは設置が義務付けられている。主に夫婦間の暴力(DV)・モラハラの相談

女性センター
・都道府県や市町村などが、自主的に設置している総合施設。女性の地位向上などを基本に
夫婦間、子供、生活上の情報提供をしている。








にほんブログ村

ストーカー対策

最近は、ブログやサイトを作る人が増えパソコンを通じて

コミュニケーションを取る事が多くなってきました。

あまり知識がない状態で、ブログなどを始めると、そんなつもりは無くても

恨みを買ってしまう事もあります。

ネット上でトラブルや、逆恨みなど、ストーカー被害にあうケースが

増えているこの時代、どのようにストーカー対策をしたら良いでしょうか?

ストーカー規制法

・尾行しつきまとう、行動先等で待ち伏せするなどの、迷惑行為

・自宅や職場、学校などの付近で見張りをする、または、うろつく

・大声で中傷したり、中傷した内容のメールを送る

・家の前で大声を出したり、クラクションを鳴らす

・名誉を傷つけるような内容の事を近所に言いふらす、メールを送る

・物を壊したり、盗む

上記の他にもありますが、このような行為は法律で規制されています。

引用:警視庁 ホームページ ストーカー規制法より引用

出典:http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kurashi/higai/dv/kiseho.html

ストーカー行為の特徴

ストーカーになりやすい人や性格の特徴

・相手を支配したいという欲求が強い

・思い込みが激しく、激高しやすい

・ストレートにものを言ったり、心の中に純真な部分を持っている

・人の目や、体裁を気にする

・粘着質

ストーカーは、相手に好意を持っているため、相手が嫌がっているのに
「あの人は、喜んでくれている。」と思いこんでいます。

ストーカー生活が続くと、加害者としての生活が基本になってしまうため
自分の行為に気づかず、次第に「悪いのは相手だ。受け入れない方が悪い。」と
思ってしまうといいます。

最近では、好意が無い場合も罪に問われるケースがあると言います。

ストーカーに遭いやすい人にも、特徴があります。

ストーカーに遭いやすい人の特徴

・誰にでも優しく、心が広い

・見た目が優しそう

・まじめな人

・罪悪感や責任感が強い

・昔から、心配性

・「NO]をいうのが苦手

人に対して優しいのは良い事なのですが、ストーカーにはくれぐれも気をつけましょう。
加害者に対して、罪悪感を持つことはありません。

気をつける事

・個人情報をのせるのは最小限にとどめる

・ブログやサイトへのコメントに、批判的な事をあまり、書かない

・SNSを頻繁にチェックする人には気をつける

・宗教的なコメントは避ける

・人と人を比較するような内容を書かない

・ストーカーからのメールや音声などを保存しておく

・掲示板に悪口を書かれたら、管理人に削除してもらう

・自分の身に危険を感じたら、警察や弁護士に相談する

たくさんの人がブログを見ている事を意識する

自分について、批判的な事を言われて、嫌な気がしない人はいませんから
相手の事を刺激してしまうことにもなります。

写真や名前、住所、または家族の事などを公表すると、加害者が
自宅へ来てしまうなど、大変危険です。

掲示板やメールでの嫌がらせが来る危険もあります。
ブログなどはメールフォームなどでやり取りする方がいいです。

ネットは不特定多数の人が見ています。
誰かを誹謗中傷したり、悪く書かれたら本人だけでなく、家族も気分が悪くなります。
それは、みんな同じです。

顔が見えないからこそ文章の書き方に気をつける

相手も人間ですから、感情的になる事も考えられるし、ストーカーに
変貌することだってあるのです。

面白半分に、暇つぶしで嫌がらせをする人いれば、本当に危険な
事もありうると、頭の中に置いておくことが大事です。

ネットは顔が見えないし、文章だけでは気持ちが伝わりづらいので
実際に会って話すときよりも、誤解を受けやすいという事を意識しましょう。

そして、ネット上でも、日常生活でもストーカー被害に遭った時は、警察や
弁護士に相談しましょう。

(相談をする時には、今まで受け取ったメール、電話内容、被害の内容などを
持って行きましょう)

法テラス

警視庁総合相談センター
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/sodan/madoguchi/sogo.html

不器用

不器用な人は、何かをする時、とても時間がかかります。

・何をするか、考えるのに時間がかかる
・何かを始めてからも、これでいいのか?など、考えるので時間がかかる
・人に気を使ってしまい、時間がかかる

手先が器用、不器用とは、ちょっと違い、考えすぎる所があるのだろうと思います。
完璧主義という所も、関係しているのかもしれません。

「こうしなければだめ」とか、まわりの事を気にしてしまうのは
「こんなことを言ったら、嫌われないだろうか?」
「相手に悪い印象を与えないだろうか?」などという気持ちが根底にあるからです。

これは、無意識である事が多いのです。
だから、何でも時間がかかってしまうのです。

一生懸命、気を使っても、それが逆に相手を遠ざけることになってしまい
自分を責めたり、人を責めたりしがちです。

でも、責める事からは何も生まれません。
自分や相手を責めるくらいなら「どうしてうまくいかなかったのか」
「自分や相手に、過剰な期待をしていなかったか?」を考える方が
まだ、建設的です。

自分では、気を使っているつもりでも相手に対して、心を開いているわけでなく
自分の心を守ろうとしているのが「この気を使う」という態度にあらわれしまうのです。

人に対して身の保身をしてしまうのは、今まで人間関係で傷ついた経験が
あったからではないでしょうか。
だから、これ以上傷つきたくないと思うのかもしれません。

これは、長いこと同じようなパターンで生きてきてしまうと、クセのようになってしまいます。
子どもの頃から、ずっとそんな風にしていた場合は、考えを変えるのは
ちょっと時間がかかるかもしれません。

日頃から、人に気を使っている自分に気づいたら「また、自分を守ろうとしているな。」と
意識的に自分の本音を思い起こす事が必要だと思います。

もうこれ以上傷つく事は無いのですから、自分の心の声をしっかりと
聞く事が大切なのではないでしょうか。




にほんブログ村


心の問題

最近、精神的な病気や、悩みを抱えている人が増えていると言います。

ストレス社会と言われる今の時代、うつ病も増加傾向にあります。

うつ病とは

気分が落ち込む、やる気が出ない、元気がない、などの症状や

頭痛、肩こりなどの身体的症状も出る、心の病気です。

「原因から見て、外因性あるいは身体因性、内因性、心因性、あるいは性格環境因性と分ける場合があります。」

出典:厚生労働省 メンタルヘルスhttp://www.mhlw.go.jp/kokoro/index.html
出典:知ることからはじめよう みんなのメンタルヘルスうつ病
http://www.mhlw.go.jp/kokoro/speciality/detail_depressive.html


厚生労働省の精神疾患のデータを見ると、精神疾患の患者数は、平成23年には320万人
になっています。(詳しくは、厚生労働省の資料等をご覧ください)

これほどまでに増えているという事から、誰でもなりうる病気と言われています。

今では、多くの人が何かしら、心の問題を抱えているという話もあり

気づかず過ごしている人も、まだまだ多いと思われます。

「あの人は、精神疾患がある。」「病院に通っているらしい。」と

特別扱いしたり、差別する時代は、ひょっとすると、もう時代遅れになりつつあるのかも

しれません。(そもそも、なぜ、通院履歴などの個人の情報が、第三者に伝わっているのでしょう?)

むしろ、どうしてここまで、うつ病や精神疾患が増えてしまうのか、その方が不思議です。

最近でも、いじめの問題やモラルハラスメントなど、相手の心をむやみに

追い詰めるような事件が、あとを絶ちませんね。(色々、事情はあると思いますが)

とても悲しい事ですが、こういった問題は大人が手本を見せなければ

子どもも同じことをする、大人になってしまいます。

もちろん親だけでなく、他の人間関係によっても、影響は受けると思いますが。

病院に行ったからと言って、すべての人が病気だから、とか危険だという偏見は

差別にもなり得ますね。

むしろ、被害者の仮面をかぶった加害者の方が、危険で恐ろしい存在という事も

言えなくもないですし。

家族や友達に何度も「あなたは変わっている。」と言われ、本当にそうなのか確かめるために

病院へ行く人もいるでしょうし、病院などに行った結果、精神疾患ではなかった

という人だって、多くいるはずです。

例えば、一般的によくある例として、差別や嫌がらせによって、

被害者はずっと我慢してしまい

その我慢が限度を超えた時、被害者から加害者へ変わってしまう事が起こりうる

のではないかと。(こういうことは、あってほしくないのですが)

もしくは、限度を超えたいじめや嫌がらせによって、という事もあるかもしれません。

言葉や雰囲気で、人って感じ取るものなんですよね。

被害者になりやすい人は、引っ込み思案で口下手な人が多く

自分の気持ちを伝えるのが下手な人が多いように思います。

それとは逆に、加害者は口がうまく、周りを信用させることに長けている人が

多いため、まわりが信用してしまうという話ですが、実際はどうなのか、分かりません。(あくまで、一般論です)

被害者は、ただでさえ嫌な思いをしているのですから(理由はともあれ)

悪いことをしたらダメですよ。

今度は、自分が責められる立場になってしまいますから。

それに、いじめをする人と同じ人間になるのは、お勧めしません。

人と人とが、よりよい人生を生きていくためには、時に我慢も必要ですね。

加害者が自分の行動に気づき、被害者を作らないこと、被害者は命の危険がある時は

すぐ、助けを求める事など、他にもいろいろ方法はあると思いますが

それぞれが自分にできる事をしていくのが、今の時代、大切なことではないでしょうか。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツレがうつになりまして。 (幻冬舎文庫) [ 細川貂々 ]
価格:493円(税込、送料無料) (2017/9/6時点)










にほんブログ村