自分の事は意外と分かっていない

自分を受け入れる事が難しいHSP

自分を受け入れるっていうのは、人を受け入れるより難しいことがあります。

失敗した時や、自分の事を分かっていない時、人から非難を受けた時などは更に

受け入れがたいものです。

人も自分も、いろんな面を持っていて、優しい自分、強い自分、しっかりした自分、楽しむ自分

などが状況によってうまく使い分けられればよいのですが、なかなかうまくいかないものですね。

そんな時に「自分はダメだ。」と責めて落ち込んでしまうのが、まじめな人

完璧主義の人です。(HSPの人も完璧主義の人が多い)

HSPとは

【新品】【本】ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 エレイン・N.アーロン/著 富田香里/訳

実はできているのに、そこは見ずにできない事に焦点を当ててしまっているのです。

だから、いつまでも自分が不完全な気がしてしまうのですね。

そんな時、人から「いつも同じ間違いをしている。」

などと言われたら、もうものすごく落ち込んでしまったりするんですね。

そして、罪悪感を持ってしまう事も多いのです。

確かに2回同じ間違いをして3回目も同じ間違いをしてしまったら

その次は絶対間違えないように、反省して対策をしなければいけません。

だけど、長いこと落ち込んでばかりいたら、それ以上の解決策は

見つけられなくなってしまいます。

自分を責めていたら、今までできていた事さえ失敗してしまうかもしれません。

そんなときの立ち直り方として

「できないことがあってもいい。」と思えるとずいぶん楽になります。

完璧な人はいないから、と。

受け入れられなければ、受け入れられない自分を認めるのもいいのかな、と思います。

とりあえず、ありのまま受け止めてみると、何かをしようという気にもなります。

失敗した時は、誰かのせいにしたり自分を責めたりしてしまう事が

あるものですが、そういう時は大体、自分を人と比べていたり完璧主義にかたよっている

事が多いみたいです。

あと、とても疲れている時も精神状態があまりよくないので

その時の感情を「自分の性格だ」などと、信じ込んでしまってはいけません。

人の目を気にすると、自分の気持ちが分からなくなることがあります。

人からどう見られるか、というのは多かれ少なかれ気になるものですが

イメージにこだわると、そこから抜け出せなくなって、ますます型にはまってしまう事もあります。

自分はどう思うんだろう?という自分目線の視点が大事なことも

あるんですね。

少しでも、自分の気持ちに気づけると対処もできますしね。

自分の事を知るために

・自分の良い所と悪い所、つまり長所と短所を紙などに書き出してみる。

自分でも気が付かなかった性格などが分かってくる場合があります。

・普段会わない人と交流してみる

いつも同じ人たちと会っていると、イメージなどで見てしまい、自分の事や周りの事が

分からなくなることがあります。

・最近、気になった事や印象的な出来事を思い出しその時どんな気持ちがしたか

じっくり考えてみる

「あの時はすごく悲しかった」「とてもつらかった」「遊びに行って面白かった」だけでなく、なるべく

たくさんの感情を思い出しましょう。

自分がどんなことに心を動かされるか、というのが少しわかってくるのではないでしょうか。

人とのかかわりは大切

人とのかかわりの中でしか、気づけない事もあるんです。

特に自分の事は意外と分かっていない事も多い。

HSPの人は特に、人の事ばかりサポートしようと頑張ってしまう傾向にあるので

自分の事は二の次になってしまいがちです。

それで、自分の事を考える時間が無くなってしまっては、不満がたまってしまうだけです。

まずは、自分の感情(嬉しい、悲しい、楽しい、腹が立った、嫌な気がした、面白い、幸せ、など

より多くの感情を体験することが、自分を知るきっかけになります。

自分を知るうちに、他人のこともだんだんわかるようになり話をしているうちに

自分も他人も受け入れられるようになっていくのではないかと思います。

努力は必要ですが。

逆に他人を見ていて、自分のことに気づくというのもありますが。

人は自分の鏡であり、師でもありますね。

必要以上に自分を責めずに、自分を大切にしていきましょうね。





にほんブログ村
スポンサーサイト

内気は変われる?

突然ですが、内気とか引っ込み思案って

変えられるのだろうか?とふと思いました。

最近出会った本「ザ・ワーク バイロン・ケイティ(著)2011年4月」


【送料無料】 ザ・ワーク 人生を変える4つの質問 / バイロン・ケイティ 【本】

この本の著者本人が、ひどいうつ病で長年苦しんだというのですが、ある日

思い込みについて気づきがあり、そこから回復していったというのです。

今ある現実や自分と向き合う事の大切さを知ったという事かな。

性格って、生まれもったもの、育ってきた環境などで

作られていくものだとは思うのですが、やはり変えるのは難しいのかな?と

思っていた矢先にこの本を知りました。

環境ってけっこう重要で、毎日とか何年、十何年と親や兄弟等と過ごす子供時代は

家族の言葉や行動が、自分に与える影響は大きいものですよね。

それが、良い影響をもたらすものならいいけど

悪い影響を受けるような環境だと、それを当たり前だと思ってしまう。

良い影響を受けて育った人は、不安やおそれ、罪悪感などが

比較的少ないと言われます。

逆に、悪い影響を受けて育つと、人への信頼感や安心感をあまり感じられなくなります。

でも、こういう本を読むと、環境は影響力が大きいけど

自分自身と向き合って自分の中から

答えを見つける事で、変われるのではないかと思いました。

では、内気な人が悪い影響を受けた場合にどうすればよいか。

今の状態で、どうもうまくいかないという場合、ありのままでは

良い事がないと思っている場合は、少し自分を変えた方が良い時もありますよね。

そこで、もともと不安や恐れが強いなら、とりあえず

不安や恐れに慣れるのも良いですが、自分を信じられるような行動を積み重ねるのはどうかなと。

自分を信じられるようになると、人の事も信じられるようになっていき

結果、不安や恐れは減る事になるのかな、と思うのです。

自分を信じるためには、罪悪感を手放さなくてはいけないですね。

時間はかかるかもしれないけど。

それと、「今を生きる」ようにしてみてはどうかなと。

「昨日はこんな失敗をしてしまった。」

「明日は○○だから、だいじょうぶかな?」

「あの人は、あんなこと言っていたけど・・・」など

過去や先の事をあまり考えず、今を生きることに集中してみると

大事なことや自分のすべきことも、だんだん見えてくるのではないかなと思います。

今、自分のすべきことに集中できれば、うまく行く事も増え、まわりからの評価も上がって

サポートしてくれる人も出てくるかもしれません。

そうやって、人とのかかわりが多くなっていくと、積極性が出て内気をカバーできるくらい

自信がついてくるという事も、十分あり得ます。

自分次第で、人って変われるものなんですよね。

人間は持っている能力を普段、あまり使っていないというのは

有名な話です。

だからと言って、無理に変わろうとしない方がいいですよ。

変わるのには、人それぞれのタイミングがあるので

ちょうどよいタイミングの時に、行動するなり、考えるなりすれば

よいのかなと思ったりします。

内気は一つの個性として、自分の一部として

考えると良いのではないかなと思います。






HSPとは

HSPについて

HSPという言葉は、エレーン・N・アーロン博士の著書

「The Highly Sensitive Person」の中で説明されています。

「The Highly Sensitive Person」を略したのがHSPです。

繊細な心を持ち、生活音やにおいなど、いろいろな刺激に反応しやすい人

の事をさします。

このHSPは病気ではなく、人口の15%~20%の割合で、存在するそうです。

感受性が鋭く、色々なことに気がつく直観の鋭い人、というとわかりやすいでしょうか?

ただ、そういった人はたくさんの事を次々に考え、瞬時に理解してしまうような所があります。

そして、感覚が鋭いため、その場の情報(状況)をすぐに把握するのが上手なのですね。

そのため、HSPの人は周りから見ると「なんか違う」と、思われるような反応をしている事があります。

アーロン博士の著書によれば、心理学者のカール・ユングもHSPだといいます。


HSPの自己テスト

以下の質問のうちあてはまるものに「はい」あてはまらないものに「いいえ」と

答えてください。

・自分をとりまく環境の微妙な変化によく気づくほうだ

・他人の気分に左右される

・痛みにとても敏感である

・忙しい日々が続くとベッドや暗い部屋などプライバシーが得られ、刺激から逃れられる場所にひきこもりたくなる

・カフェインび敏感に反応する

・明るい光や、強い匂い、ざらざらした布地、サイレンの音などに圧倒されやすい

・豊かな想像力を持ち、空想に耽(ふけ)りやすい

・騒音に悩まされやすい

・美術や音楽に深く心動かされる

・とても良心的である

・すぐにびっくりする(仰天する)

・短期間にたくさんの事をしなければならない時、混乱してしまう

・人が何かで不快な思いをしている時、どうすれば快適になるかすぐに気づく
 (たとえば電灯の明るさを調節したり 席を替えるなど)

・一度にたくさんの事を頼まれるのがイヤだ

・ミスをしたり物を忘れたりしない様いつも気をつける

・暴力的な映画やテレビ番組は見ないようにしている

・あまりにもたくさんの事が自分のまわりで起こっていると、不快になり神経が高ぶる

・空腹になると、集中できないとか気分が悪くなるといった強い反応が起こる

・生活に変化があると混乱する

・デリケートな香りや味、音、音楽などを好む

・動揺するような状況を避けることを、普段の生活で最優先している

・仕事をする時、競争させられたり、観察されていると、緊張し、いつもの実力を発揮できない

・子供のころ、親や教師は自分の事を「敏感だ」とか「内気だ」と思っていた。

以上の質問のうち12個以上に「はい」と答えたあなたはおそらくHSPでしょう。

しかし、どの心理テストも、実際の生活の中での経験よりは不正解です。

たとえ「はい」がひとつかふたつしかなくても、その度合いが極端に強ければ

そんなあなたもHSPかもしれません。

以上、アーロン博士の「ささいなことにもすぐに動揺」してしまうあなたへ」より引用

【新品】【本】ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 エレイン・N.アーロン/著 富田香里/訳

HSPを考案したエレーン・N・アーロン博士のホームページはこちら
http://hspjk.life.coocan.jp/




情報化社会と言われ、たくさんの強い刺激がある現代では、HSPは人より

余計に ストレスに悩むことがあるのかもしれません。

HSPではない人をアーロン博士は非HSPと言っています。

HSPの人は、非HSPの人よりもいろいろなことを感じ取ってしまうという違いがありますが

感情に良いも悪いもありません。それは自然なものだし

感情は誰にでもあるものです。

もともと繊細な人たちが、「自分はダメだ。」と

思ってしまうと、せっかくの気配り上手、感受性の鋭さはおもてに出なくなってしまいます。

普通よりいろいろな問題を感じとれるのであれば、能力を生かすことで

人の役に立てる、ということも十分考えられます。

とかく、繊細さやおとなしい性格の、内向的に見える人たちはネガティブに

とらえられる傾向があり、自分自身マイナス思考になりがちです。

非HSPの人たちから見ると、HSPの人たちの無口、深く考える、ぼんやりして見えるなどの

行動は、理解できないことなのかもしれません。

HSPの人が自分でも理解できないことがあるのですから

まわりの人が理解できないのも当然かもしれません。

深く考えるということは、その間は行動していない時期でもあるので

行動が伴わないこともあり得ます。

でも、自分の特性を理解し、行動し、個性を伸ばしていく事でだんだんと自信を

持てるようになる、と理解できれば積極的に生きられるのではないかと思います。

HSPの人は、遠慮がちで外に出るのを避けようとしがちですが

社会に出ていく努力や工夫をすることはHSPであろうと非HSPであろうと

とても大切な気がします。









[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。
価格:842円(税込、送料別) (2017/6/30時点)






にほんブログ村

引っ込み思案


突然ですが、引っ込み思案について、ちょっと考えてみたいと思います。

子供の頃は、学校の先生や親などに「積極的に話しなさい。」

というような事を、言われたような気がしますが、大人になるとあまり言われなくなる。

そこで、自分の経験や今までの知識で人とのコミュニケーションをはかろうと

努力するわけですね。

なんだかんだ、がんばっていると、知らず知らずにコミュニケーションが取れていたりします。

でも、やっぱり引っ込み思案の人は、社交的な人に比べて、無口、口数が少ない

という傾向がある。

それで余計に人との出会いが少なくなり、その結果更に引っ込み思案になる

という悪循環に陥ってしまう。

自分では、気づいていればいいけどなかなか自分の事ってわかっているようで

分かっていない事が多いんですよね。

特に、まわりの刺激に対して敏感な人は、つい流されがちになって

自分の事を後回しにしてしまう傾向があるんです。

それで、自分がますますわからなくなる、という方向へ進んでしまう。

色々なことに敏感に反応してしまう人が、世の中にはいるのです。

HSPとは

そんな人の心の持ち方として

まずは「そんなにがんばらなくてもコミュニケーションはそこそこ取れていいればいい」

と思うのはどうかな、と。

もしかして、「自分はダメだ。」という思い込みが強いと、余計に

うまくいかなくなってしまう事もあるし。

無理に積極的になろうとしても、失敗してしまうかもしれないし。

マイナス面もあるかもしれないけど、プラス面を見る事で自分に対するイメージも

変わっていくものではないかと思うのです。。

自分に対する「ダメだ。」という思い込みを、はずしてみることが第一歩なのかなと思います。

もちろん、言うは易く行うは難しで行動するのは、なかなか勇気がいりますが。

引っ込み思案でも、自分の好きな物や趣味を楽しむのも良いですね。

ちょっと勇気を出して、話をしてみたら意外と同じような趣味を持っていた

という人もいるかもしれません。

そうやって、ちょっとずつ努力を続けていくうちに、趣味仲間ができるかもしれないし

自信も持てるようになる可能性もあります。

引っ込み思案でも、「自分はダメだ。」と諦めずまずは自分の良い所を認めることから

始めてみてはいかがでしょうか?






にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村