やさしさ

何か頼まれると、断れない人や罪悪感を感じてしまう人は
おそらく、HSPの人が多いのではないかと思います。


HSPの感受性

ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 (SB文庫) [ エレーン・N.アーロン ]

優しい人というのは、自分の気持ちよりも、相手の気持ちを考えて「いいよ。」と
言ってしまいがちです。

限界を超えてがんばろうとすると、どうしても
大変な思いを抱えてしまいます。

相手にとっては、何でも聞いてくれていい人と思われるのですが
その「いい人。」という所が、がんばりすぎる原因の一つです。

何でもしてくれるからと言って、相手から好かれているというわけでも
尊敬されるわけでもないので、本当に良い人間関係ができるとは限りません。
そして、つらくなって初めて、「自分に素直に生きよう。」と思うわけです。

でも、いざ自分の本心を言おうとすると、慣れていないために
攻撃的な言い方になったり、感情が吹き出してしまって、うまくいかない事が多いのです。
本心をいうのが、怖くなってしまっているのかもしれません。

長年「いいよ。」と言って生きてきた人にとっては、気持ちを表現するのは
とても大変な事なのですね。
でも、いつも自分の気持ちを抑えてばかりだと、自分が嫌いになったり
人が嫌いになったりしてしまいます。

頼まれると、嫌と言えない人は、感じが良く、にこやかに接してくれるため
嫌われる事は少ないかもしれませんが、親密な人間関係は育ちにくいのです。
人の要求に対して断れない人は、たいてい「見捨てられ不安」を持っています。

嫌われたくない、好かれたい、と思う人の周りには、自分勝手でわがままな人が
集まってしまいがちです。
例えば、親が利己的なタイプだと、同じような人を好きになってしまう事が多く
親と似たタイプと付き合う確率が高くなります。

もし、自分がいつも我慢したり、自分を抑えがちだと気づいたら
今からでも遅くはありません。
小さなことから自分で決めるように心がけ、それを貫く事を
始めてください。

本心を言う習慣を、少しずつ練習してみてください。
もし、本心を言って怒るような相手はしょせん、付き合いが
長く続かないかもしれません。

嫌われたくないという気持ちは分かりますが
もし、何か頼まれて「それは、できない。」と言っても
あなたは悪い人ではありません。

その時の状況にもよりますが、事情を話せばわかってくれる人が
多い事が分かるでしょう。

例えば、暴力的(言葉の暴力や態度も含めて)な態度をしてくる人が
そばにいる場合、あなたの生きる力が、減ってしまうのです。

親や兄弟・姉妹との人間関係は、変えられない事が多いですが
これから先の人間関係は変えられるチャンスがあります。

毎日の生活で、感動したり、もっと楽しんだりすることが大切です。
そうして、1日1日を大切にしてしているうち、我慢せず、素直に自分を出せる相手が
見つかることだってあるかもしれません。

今の時代は、単身者や1人暮らしが多いといわれていますが
共感し合えるような友達やパートナーがいれば人生が
より、楽しいのではないでしょうか。


スポンサーサイト

現実に向き合う

あるがままの自分て言われても、なんかはっきりしないし

きちんと答えられないので、本を探してみたらありました。

ポケットの中のダイヤモンド あなたの真の輝きを発見する [ ガンガジ ]

改めて何が本質か、という現実が見えてくる感じというか自分と向き合う事を

思い出させてくれます。

今までかたくなに思っていた事や、今を生きる大切さにも気づいて驚いたり。

悟りとか言っていても、知らないうちに何かを求めすぎていた事が

わかって、ちょっとあぜんとしたりしました。

自分と向き合う事について考えている時にいい本だと思います。






にほんブログ村


自分の事は意外と分かっていない

自分を受け入れる事が難しいHSP

自分を受け入れるっていうのは、人を受け入れるより難しいことがあります。

失敗した時や、自分の事を分かっていない時、人から非難を受けた時などは更に

受け入れがたいものです。

人も自分も、いろんな面を持っていて、優しい自分、強い自分、しっかりした自分、楽しむ自分

などが状況によってうまく使い分けられればよいのですが、なかなかうまくいかないものですね。

そんな時に「自分はダメだ。」と責めて落ち込んでしまうのが、まじめな人

完璧主義の人です。(HSPの人も完璧主義の人が多い)

HSPとは

【新品】【本】ささいなことにもすぐに「動揺」してしまうあなたへ。 エレイン・N.アーロン/著 富田香里/訳

実はできているのに、そこは見ずにできない事に焦点を当ててしまっているのです。

だから、いつまでも自分が不完全な気がしてしまうのですね。

そんな時、人から「いつも同じ間違いをしている。」

などと言われたら、もうものすごく落ち込んでしまったりするんですね。

そして、罪悪感を持ってしまう事も多いのです。

確かに2回同じ間違いをして3回目も同じ間違いをしてしまったら

その次は絶対間違えないように、反省して対策をしなければいけません。

だけど、長いこと落ち込んでばかりいたら、それ以上の解決策は

見つけられなくなってしまいます。

自分を責めていたら、今までできていた事さえ失敗してしまうかもしれません。

そんなときの立ち直り方として

「できないことがあってもいい。」と思えるとずいぶん楽になります。

完璧な人はいないから、と。

受け入れられなければ、受け入れられない自分を認めるのもいいのかな、と思います。

とりあえず、ありのまま受け止めてみると、何かをしようという気にもなります。

失敗した時は、誰かのせいにしたり自分を責めたりしてしまう事が

あるものですが、そういう時は大体、自分を人と比べていたり完璧主義にかたよっている

事が多いみたいです。

あと、とても疲れている時も精神状態があまりよくないので

その時の感情を「自分の性格だ」などと、信じ込んでしまってはいけません。

人の目を気にすると、自分の気持ちが分からなくなることがあります。

人からどう見られるか、というのは多かれ少なかれ気になるものですが

イメージにこだわると、そこから抜け出せなくなって、ますます型にはまってしまう事もあります。

自分はどう思うんだろう?という自分目線の視点が大事なことも

あるんですね。

少しでも、自分の気持ちに気づけると対処もできますしね。

自分の事を知るために

・自分の良い所と悪い所、つまり長所と短所を紙などに書き出してみる。

自分でも気が付かなかった性格などが分かってくる場合があります。

・普段会わない人と交流してみる

いつも同じ人たちと会っていると、イメージなどで見てしまい、自分の事や周りの事が

分からなくなることがあります。

・最近、気になった事や印象的な出来事を思い出しその時どんな気持ちがしたか

じっくり考えてみる

「あの時はすごく悲しかった」「とてもつらかった」「遊びに行って面白かった」だけでなく、なるべく

たくさんの感情を思い出しましょう。

自分がどんなことに心を動かされるか、というのが少しわかってくるのではないでしょうか。

人とのかかわりは大切

人とのかかわりの中でしか、気づけない事もあるんです。

特に自分の事は意外と分かっていない事も多い。

HSPの人は特に、人の事ばかりサポートしようと頑張ってしまう傾向にあるので

自分の事は二の次になってしまいがちです。

それで、自分の事を考える時間が無くなってしまっては、不満がたまってしまうだけです。

まずは、自分の感情(嬉しい、悲しい、楽しい、腹が立った、嫌な気がした、面白い、幸せ、など

より多くの感情を体験することが、自分を知るきっかけになります。

自分を知るうちに、他人のこともだんだんわかるようになり話をしているうちに

自分も他人も受け入れられるようになっていくのではないかと思います。

努力は必要ですが。

逆に他人を見ていて、自分のことに気づくというのもありますが。

人は自分の鏡であり、師でもありますね。

必要以上に自分を責めずに、自分を大切にしていきましょうね。





にほんブログ村